チーム拈華微笑>>お弁当にひと工夫の卵焼き

けっこうお弁当を作る機会が多くなりました。

お弁当といえば、


定番、卵焼き!!



何かと作るわけなんですが、
毎度毎度、卵焼きばかりでは飽きてきますよね。


卵に
あおさとか
鰹節とか
混ぜてみるのも
おつなもの。

でも、結局
おいしく作れているかどうかは、
上手に作れるか
にかかってきちゃいます。

卵料理って、

オムレツみたいで深いものがありますね。

弁当って、
作ってから時間が経ってから
食べることになります。

結局、あつあつの段階じゃなくて、
さめてしまってもおいしい
卵焼きを作らないといけないんですね。


少しお味を濃いめにしてみたり、
柔らかく焼いてみたり
いろいろ工夫しています。


最近は
牛乳を入れることが多いです。

これは何となくなんですが、
卵を溶くときに牛乳も混ぜてますね。


お砂糖は多めにしています。


卵焼きって、
やっぱり甘めの味のほうが、
おいしいんじゃないかなって。



それから、
焼き加減。

これが難しいんですよね。


なるべく、
ふわっとした柔らかい食感にしたい。


ある程度は焦げた感じで風味を出したい。

でも、焦げ焦げな卵焼きは嫌だ。

ということになるので、
程々なあんばい
を見極めないといけません。


寿司屋の卵焼きみたいに、
山芋を擦って入れるとかの
隠し味がないので、

卵をどう扱うか

に掛かってきます。


しかも、大量に作るわけではないので、少ない量の卵で
弁当箱に納まる程度
作るということになります。

でも、逆に言えば、これはやりやすいんですよね。

大量に作るとなると、なかなか難しいと思います。

数人前の卵焼きなら、ふつうの卵焼き器で作ることができますから。


前日に作った卵焼きを翌日の昼に
弁当で味見してみるのは
ひそかな楽しみです。


<<お弁当に昼食に!真空パックの鶏肉ローストチキンチーム拈華微笑のトップへ野菜価格が高騰しても大丈夫!もやしとごぼう入りスタミナ豚キムチ!>>

プロフィール

livedanilognowchtd...

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード